バファリンて肝臓にも影響あるのかな?

肝臓

 

バファリンの副作用では肝臓に影響があるものはあるのでしょうか?

 

 

まずバファリンの成分を見てみましょう

 

 

バファリンの成分

成分

 

バファリンの成分は「アセチルサリチル酸(アスピリン)」などが中心でカフェインやアセトアミノフェンなどが入っています。

 

 

なんだか難しい用語ばかりですね^^;)

 

 

これらの成分はほとんどが「胃に負担をかける成分」になっています。空腹時にはなるべくバファリンは飲まないほうがいいです。

 

 

できれば胃に食べ物を入れてから飲んだほうがいいです。胃にかかる負担は大きいので。

 

 

では肝臓にはどうなの?

 

肝臓は子供にとって影響があります。アスピリンは子供にとっては危険な成分です。

 

 

肝障害を起こして、そのあと脳障害を起こしてしまうこともあります。なのでバファリンは15歳未満の服用は禁止になっています。

 

 

ただ大人はさほど肝臓への影響は心配することはありません。もともと肝臓の病気を持っていたりする場合は、バファリンを飲む場合は医師に相談したほうがいいでしょう。

 

 

 

バファリンに限らず薬は副作用があります

サプリ

バファリンは頭痛への鎮痛効果が高いので、副作用もそれなりにあります。特に胃痛や腹痛、吐き気は良く報告される副作用です。

 

 

頭痛を一時的に緩和するのは薬で対応できるのですが、バファリンのような鎮痛剤では、根本的に頭痛をなくすことはできません。

 

 

頭痛体質の改善に効果のある、天然素材を含んだサプリメントなどが出ているので、そういったものを利用して「頭痛をなくしていく」ことを目的にしていくことで、頭痛の回数を徐々に減らしていくことができます。

 

 

サプリは飲んで頭痛をすぐに抑えるといった効果はないのですが、頭痛を起こさないようにする体にしていくことには効果があります。

 

 

そういったものを試してみるの頭痛のない人生を送ることができる可能性が高まります。

 

 

 

頭痛サプリ一覧ページへ バファリン副作用のトップページへもどる